わたしスタイルLABO一押しスペシャリストによる連載記事をお届けします。
わからないことは、その道のプロに聞け!ということで、今回のスペシャリストは、ライターの楠田尚美さん。
ブログやメルマガの「伝わる」ライティングテクニックを伝授していただきます!

☆.。.:・°☆.。.:・°☆.。.:☆.。.:・°☆.。.:*・

「伝わる文章」で、あなたの「ブログ・メルマガ」のファンを増やす!
誰でも書くのが好きになる「基本テクニック」教えます。

こんにちは。
ライターの楠田尚美です。

スペシャル連載最終回の今回は、
『文章を書くときに気をつけること』についてお話しします。

 

第1回で、伝わる文章は「読者の心に届く文章」と言いました。


では、心に届かせるために、修飾語を多く使ったり、あれこれとベネフィットを並べれば良いのでしょうか?

 

いいえ、そうではありません。
「分かりやすい言葉」で「簡潔に」書くこと、「中学生でも理解できる文章」が伝わる文章です!

 

中学生でも理解できる文章のポイントは、

一文は短く

長い文章は読みづらく、伝えたいポイントが不明瞭になります。
一文110字を超えないようにしましょう。

 

難しい言葉や専門用語、業界用語は使わない

どうしても専門用語を使う場合は、説明書きを添えると良いです。
自分では一般用語だと思っていても、世間では専門用語・業界用語という場合があるので注意してください。

 

具体的な言葉を使う

「大人気の商品です」よりも「リピート率100%の人気商品です」の方が具体的で、読者の興味を引きますよね。

 

また、伝わる文章は「読みやすい文章」でもあります。
読みやすさのポイントは、

読点をきちんと使う

読点「、」は息継ぎ箇所・区切りです。
声に出して読まなくても、息継ぎできる区切りがないと読みづらく、読者は途中で離脱してしまいます。

 

文末に変化をつける

文末がすべて「です・ます」だと単調になり、大事なことが読者の頭に入っていきません。

「でした・ました」「でしょう・ましょう」や「体言止め」を上手く使って、変化をつけましょう。

 

文章はスリムに

一文や一つの段落の中に同じ言葉・表現が何度も出てくるとしつこく感じ、これも離脱の原因になります。

無くても通じる言葉は削除する、または違う言葉に置き換えてください。
無駄な言葉はどんどん削って、「スリム化」を目指しましょう。

「レイアウト」も読みやすさの大事な要素です。



行スペースを上手く使う

200字〜300字程度を一段落として、段落毎に1行スペースを空けると読みやすくなります。

行スペースの代わりに写真や図を挿入したり、500字〜600字程度を目安に「小見出し」を付けるのも良い方法です。

そして、書き終わったら「必ず」してほしいのが『推敲』

 

下記ポイントを意識して、最低でも3回は読み返してください。


誤字・脱字はないか

✅正しい日本語を使っているか

✅誤解されるような表現はないか

✅同じ言葉・表現を繰り返していないか

✅無駄な言葉はないか

✅ポイントはきちんと伝わるか

✅間違った情報を載せていないか

✅リズム良く、スムーズに最後まで読めるか

 


書き終えてから2、3時間、できれば一晩おいてから読み返すといいですよ。

新鮮な気持ちで読むことができ、書いているときには気づかなかった誤字や、おかしな表現が見つかります。

 

「伝わる文章の最重要ポイントは推敲」と言ってもいいくらいです。
自分が納得できるまで、何度でも読み返してください。

 

以上で連載を終わります。いかがでしたか?



最後までお読みくださり、ありがとうございます。
「文章を書くって面白いかも」と、少しでも思っていただけたら嬉しいです。

 

『伝わる文章の書き方講座』では、これまでの連載内容を詳しくお伝えするほか、「効果的なタイトルの付け方」「伝わる文章のテンプレート」についてもお話しします。



みなさまのご参加、お待ちしています。


*「伝わる文章の書き方講座」は、新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、開催を延期しました。


延期の日にちについては、決まり次第お知らせいたします。

楠田尚美さんプロフィール

楠田尚美氏株式会社楠田事務所

ライター
東京都生まれ。
大学卒業後、株式会社電通PRセンター(現・電通パブリックリレーションズ)に入社。制作部門、メディアリレーションズ部門、営業部門にてさまざまなクライアントを担当する。

1996年に独立し、絵本シリーズの企画・装丁や学校案内の編集・制作、児童英語スクールの広報などに携わり、編集・制作の分野で実績を積む。

その後、女性向けエンターテインメント情報サイト「WOMAN.DOGATCH」にて、コラム『Enjoy! Cooking Enjoy! Eating』(全97回)を執筆。

2006年頃からは、インタビュー記事の作成、企業・学校などの冊子・ウェブ原稿作成など、主にライティングを中心に活動している。
財団法人メンタルケア協会認定メンタルケアスペシャリスト

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

「いいね!」や「コメント」での応援お待ちしてます☆
◆「わたしスタイルLABO」Facebookページ
https://www.facebook.com/watalabo

集客、購買につながる「伝わる文章」の書き方講座&ランチ交流会延期のお知らせ

こちらの講座は新型コロナウィルスの影響により延期となりました。
楽しみにしていてくださったみなさま、申し訳ありません!
開催日程につきましては、決まり次第ご案内差し上げます。
よろしくお願いいたします。