わたしスタイルLABO一押しスペシャリストによる連載記事をお届けします。
わからないことは、その道のプロに聞け!ということで、今回のスペシャリストは、ライターの楠田尚美さん。
ブログやメルマガの「伝わる」ライティングテクニックを伝授していただきます!

☆.。.:・°☆.。.:・°☆.。.:☆.。.:・°☆.。.:*・

「伝わる文章」で、あなたの「ブログ・メルマガ」のファンを増やす!
誰でも書くのが好きになる「基本テクニック」教えます。

こんにちは。
ライターの楠田尚美です。


前回、「伝わる文章」を書くには「ベネフィットの訴求」、 『お客さまに何を伝えたら、行動に移してもらえるのかを考える』 についてお話をしました。


「ベネフィットの訴求」は、読者に購買行動を起こしてもらうために必要な 「文章を書く前の準備」でしたね。


そして、その前にもう一つ「重要なこと」があるとお伝えしました。
今回は、その重要なことについてお話しします。


ベネフィットの訴求の前にとっても大事なこと。
それは、『ターゲットの設定』です!


「ターゲット設定ならしている」とおっしゃるかもしれません。

では、具体的にどのように設定されていますか?

「20代のおしゃれな女性」
「小さな子どもを持つお母さん」
「美容に興味がある40代のビジネスウーマン」
「30代の独身男性」

こんな感じでしょうか?

残念ながら、これでは「ターゲット設定をした」とは言えません!


みなさんは、ご自分の商品・サービスを大勢の人に買ってもらいたい、 利用してもらいたいと思っていらっしゃるでしょう。


それは当然のことです。


でも、だからと言って、 「20代のおしゃれな女性」のように、ターゲット層の範囲が広くては、 「伝わる文章」は書けないのです。



「ターゲット設定」は、とにかく「細かく」することが肝心!


性別、年齢、職業だけでなく、
□家族構成
□住んでいる場所
□趣味
□性格
□よく読む雑誌 などなど、
人物像を明確にしましょう。

 

細かくし過ぎてダメ、ということはありません。

商品・サービスの特長、特性も考えて設定してください。


極端ですが、若者向けの商品なのに、ターゲット設定をお年寄りにしては意味がありませんよね。


このように、プロフィール設定した「架空のモデル」を「ペルソナ」と言います。ご存知の方も多いでしょう。


ペルソナを思い浮かべながら書くことで、
 読者が興味を持つ内容
 読者の心に響く表現
 読者が好む言葉使い
が見えてきて、自然と「伝わる文章」を書くことができます。


ペルソナは一人で大丈夫。
一人に向けて書いた文章が、多くの読者に「伝わる文章」になるのです。


あなたが設定したペルソナさんは、 ブログ・メルマガを書くときだけでなく、 「ウエブサイト」や「チラシ」「パッケージ」などの デザイン、キャッチコピーを考えるときにも「力強い存在」になってくれますよ。


さて、「ターゲット設定」「ベネフィットの訴求」ができました。
いよいよ文章作成? いえ、準備はまだ必要なんです。

第3回は、「伝わる文章」を書くための、もう一つのステップについてお話しします。


今回も最後までお読みくださり、ありがとうございます。

楠田尚美さんプロフィール

楠田尚美氏株式会社楠田事務所

ライター
東京都生まれ。
大学卒業後、株式会社電通PRセンター(現・電通パブリックリレーションズ)に入社。制作部門、メディアリレーションズ部門、営業部門にてさまざまなクライアントを担当する。

1996年に独立し、絵本シリーズの企画・装丁や学校案内の編集・制作、児童英語スクールの広報などに携わり、編集・制作の分野で実績を積む。

その後、女性向けエンターテインメント情報サイト「WOMAN.DOGATCH」にて、コラム『Enjoy! Cooking Enjoy! Eating』(全97回)を執筆。

2006年頃からは、インタビュー記事の作成、企業・学校などの冊子・ウェブ原稿作成など、主にライティングを中心に活動している。
財団法人メンタルケア協会認定メンタルケアスペシャリスト

・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆゚・:,。゚・:,。★゚・:,。゚・:,。☆

「いいね!」や「コメント」での応援お待ちしてます☆
◆「わたしスタイルLABO」Facebookページ
https://www.facebook.com/watalabo

集客、購買につながる「伝わる文章」の書き方講座&ランチ交流会延期のお知らせ

こちらの講座は新型コロナウィルスの影響により延期となりました。
楽しみにしていてくださったみなさま、申し訳ありません!
開催日程につきましては、決まり次第ご案内差し上げます。
よろしくお願いいたします。